社員研修を受けよう!

社員研修で接遇を教えるなら継続的に行うことが必要

接遇とは会社で働くうえでとても必要な技術です。
それはお客様だけでなく、お客様に関係するすべての人、会社に関係する業者や地域の人、会社の仲間やその家族等、すべての人の場面で常に接遇は行わなければならない技術なのです。
社員研修で接遇を行う場合、挨拶の仕方などを行います。
例えばお辞儀の仕方等をする時に、体をどの程度、どのような状況で傾けるかなどしっかり決まりがあるのです。
しかし、習った当初は頭に入っていても、仕事に慣れてくると忘れてしまうものがあります。
だから、上司のほうができるという内容でもないので、部下も上司も社長でさえ必要な研修なのです。
常に振り返りながら、毎日の場面で意識して自分のものにしていくには、相当の意識と訓練が必要なのです。
しかし、習得していかなければならない技術でもあり、仕事以前に必要な事もあります。
例え仕事ができなくても、そういう場面で補い認められることは、日本の社会ではあることなのです。

変化する社員研修接遇力で会社を伸ばす

昨今、サービス業界に限らず、社員研修で接遇に尽力をする企業が増えています。
「ホスピタリティ」、「おもてなし」といったフレーズが市民権を獲得し、ビジネス書のベストセラーにも、数多の大手企業の高度なホスピタリティの実例などを取り上げた書籍がヒットしています。
そういった影響を受けてか、改めて企業の研修の中でも「接遇」をテーマとした内容が増加しています。
特に営業マンにとっては業種・業態を問わずの必須スキルとして定着をしてきています。
身だしなみなどの基本的なマナーはもちろんですが、より踏み込んだ内容としてコミュニケーションスキルの向上や顧客満足の仕組みを心理的側面から理解する研修まで、幅広いカリキュラムが存在しています。
CSの向上はすべての組織がとりくむべき急務の課題として、こうした研修には高い人気が集まっています。
新入社員だけではなく、中堅社員、管理職に至るまで、改めて自身の接遇力について見直すきっかけとして、こうした社員研修は今後も増えていく傾向にあります。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2017/6/16

COPYRIGHT(C) 2015 e-Training. ALL RIGHT RESERVED