社員研修を受けよう!

社員研修を委託するメリット

社員研修は、社内における業務の内容を理解することは勿論のこと、同僚や上司とのコミュニケーションを活性化させるうえでも多くのメリットがあるといえます。
ただし、最近では研修の内容が一律化しやすいことや、知識や技術を身に着けることが難しいといった問題点が指摘されています。
そこで、外部の業者に社員研修を委託することにより、効率よく成果を上げることが出来るといわれており、大手企業を中心として、取り組みが進められています。
社員研修の内容に関しては、それぞれの企業の個性が現れやすいことが知られていますが、社員のモチベーションを維持するうえでは、十分に講師のテクニックを重視することが必要です。
研修のタイミングとしては、新人研修や管理職研修などが一般的となっていますが、人事担当者にとってはきちんと情報を仕入れることが望まれます。
将来にわたって、研修制度の必要性について興味を示す企業がさらに増えることが期待されます。

社員研修は外部委託をすることも可能

社員研修は、外部の組織に委託をすることも可能です。
自社で教育をするのにはある程度限界があるものです。
社員研修プログラムがきっちりしている他社に依頼をしたり、またボランティア等をしているNPO団体に研修を依頼したりというケースが見受けられます。
珍しいものでは、自衛隊に社員を入れて、一定期間厳しい訓練を経験させるということもあります。
ボクシングジムに通わせて体力をつけさせたりというのも悪い方法ではありません。
さまざまな社員研修の形があるので、自社ではどういった人材を求めているのかで委託先を選定するようにしましょう。
体力面の強化がしたいのか、専門的な知識を習得させたいのか、また社会人としてのモラルを教えたいのか、目的によって場所も変更するのが普通です。
英語力を重視する会社では、研修のために社員がしばらくの間海外留学をするという場合もあります。
海外に支社があるときには、こうした研修もしやすいでしょう。

recommend

2017/1/24 更新

COPYRIGHT(C) 2015 e-Training. ALL RIGHT RESERVED