社員研修を受けよう!

社会人としての意識を育成するための社員研修

社員研修では、社会人としての意識を持つことを学ぶという目的もあります。
いつまでも学生気分が抜けない人も、研修を受けることにより社会人としてのやる気や常識などを身につけていくのです。
そのためにまず、社会に出て恥ずかしくないマナーや言葉遣い、挨拶などを学びます。
大きな声で元気に挨拶を交わしたり、ハキハキ自己紹介をしたり、普段は恥ずかしくて小さな声の人も研修ではおなかから声を出さなくてはなりません。
そうすることで気合も入り、社会人になったという意識も芽生えるのです。
また社会に出て働き始めると、いろいろな試練も乗り越えて行かなければなりません。
会社の一員として責任を持った行動をする必要があります。
時に厳しい社員研修が行われていますが、それらも社会に出ていろいろなことを乗り越えて行くための忍耐力や集中力、強さを身に付けるためなのです。
「これから自分の力を発揮して一生懸命働くぞ」という意識を育成するために、社員研修は行われるといえるでしょう。

意識して社員研修に取り組みことが必要

会社とは人です。
人が会社を作り人が会社を動かしています。
人材というのは、会社にとって人財ともいえます。
社員は会社の宝なのです。
しかし、より優れた人材にしていくためには教育が必要です。
教育というのは、仕事な内容を教えるだけではなく、生き方を教えていく必要があります。
どう生きるべきかを教えていくことで、社員自身が考え、社員自身が行動するようになります。
決してやらされ仕事にならない風土になるのです。
そのためには、社員研修を会社が積極的にならなければなりません。
会社を良くするために何ができるのかという意識を常に植えつけながら、考えさせるように研修を行う必要があります。
社員研修には、現場での訓練であるOJTがあります。
これは上司が部下に対して一緒に仕事をしながら教えていく教育です。
OFF-JTとは現場外での教育です。
これこそが社員研修にあたるのです。
研修にも外部の研修に出る場合や社内で行う研修があり、どれもよい人材を育てるための教育なのです。

Favorite

最終更新日:2016/11/17

COPYRIGHT(C) 2015 e-Training. ALL RIGHT RESERVED